サポート終了のお知らせ
 本ページを訪問いただきありがとうございます。
 「ラダー図開発ツールLD Cv!」
の最初のバージョンは1998年にWindows95+VB5.0環境で開発されたもので、
その後WindowsXPまでは動作しましたが、Vista以降のOSには対応しておりません。
 
最後の動作環境であるWindowsXPのメーカーサポートが終了してから2年が経過し、現時点LD Cv!を動作させる環境(パソコン)がほぼ無くなったと考えられることから、サポートを終了することにいたしました。
 
ご利用いただいた方には、長い間のご愛顧感謝申し上げます。
 なお、特殊事情(ソフト資産があるなど)で旧
Windows環境で
LD Cv!を利用される方のため、これまで通り本ホームページからダウンロードできるように致します。(2016年10月16日)

ダウンロード
LD Cv! はシーケンス制御を記述するためのプログラミング言語であるラダー図の開発(プログラミング)ツールです。
これを使って開発したプログラム(Z80アセンブリ言語またはC言語)を、最終的にROM化してI/Oポートのあるマイクロコンピュータ上で実行させることを想定しています。
名称 内容 ファイル
LD Cv! Version1.5
(Version1.5.1)
ラダー図開発ツールLD Cv!の実行ファイル、PDF形式の取扱説明書、サンプルプログラムです。
日本語版 Microsoft Windows95~XPで動作します。
本ファイル以外にVB5.0ランタイムライブラリが必要です。
ld1501sp.zip (363KB)
LDCv!によるROM化開発手順-Z80編
(第1版)
ラダー図開発ツールLDCv!によるROM化開発の例です。
ラダー図をROM化して、Z80互換CPUボード上で実行するまでの手順が記載してあります。
lddoc032.zip (101KB)
LDCv!によるROM化開発手順-C言語編
(第1版)
ラダー図開発ツールLDCv!によるROM化開発の例です。
ラダー図をC言語に変換し、ROM化して、マイコンボード上で実行するまでの手順が記載してあります。
lddoc042.zip (110KB)

■後継ソフトについて(2017/05/09)
現在、Windows
Vista以降のOSでも動作するソフトとして「命令語コンバータ IL Cv!」を開発しています。
このソフトは
LD Cv!の機能から命令語~C言語変換機能のみを抽出したもので、ラダー図の編集機能は無く、命令語でプログラムを作成する必要があります。
詳細は
こちらをご覧ください。
[トップページに戻る]