超小型記号言語

■概要
本ソフトは、数値計算とゲームプログラミングを行うために作ったFORTHに類似のプログラミング言語です。
数値は32ビット整数(0~4294967295)のみ、数式は逆ポーランド表記で、エディタ機能はありません。
整数演算しかできませんが、10進数の固定小数点と見做すことで小数点以下の演算も可能です。(例えば100を1と見做せば、314は3.14になります)
エラーチェックは皆無に近く、文法的に誤っていてもインタプリタは実行を継続します。
文法については、同梱の文法解説書をご覧ください。

■使用方法
解凍後のファイル全体を適当なフォルダにコピーしてください。
Windowsのエクスプローラから、vtsxx.exeをダブルクリックすると起動します。(xxはバージョン)
コマンドプロンプト画面に?を表示したら、超小型記号言語で記述されたプログラムのファイル名(hello.vtsなど)を入力すると実行します。
あらかじめメモ帳などのエディタでプログラムを作って、ファイル保存しておく必要があります。

【注意】
最初の起動で、Windows Defenderが「不明な発行元」として警告を出した場合は、「詳細情報」から「実行」を選択してください。

■サンプルプログラム(pai.vts)
円と正方形の面積比から、円周率を求めるサンプルプログラムです。
実行後、数秒で"PAI=31416"を出力します。

#0 P!    ←変数Pに0を代入
#0 X!
[a    ←ラベルa
#1 Y!
[b
X@ X@ * Y@ Y@ * + #10000 > c]    ←条件分岐(X*X+Y*Y>10000なら、ラベルcへ)
P@ #1 + P!    ←変数Pに1を加算
[c
Y@ # 1+ Y!
Y@ #101 < b]
X@ #1+ X!
X@ #100 < a]
"PAI=" P@ #4 * .    ←変数Pの4倍(=円周率)を出力

■ダウンロード
現在、Version1.4(vts14.zip)を公開しています。
ソフトウェア・文書名 発行日 内容 ダウンロード
超小型記号言語
  Ver1.4
(PDS)
18/09/23 超小型記号言語のインタプリタ、ディクショナリ、サンプルプログラム、取扱説明書、ソースプロ グラムを含んでいます。
Ver1.4から、数値は32ビット整数(0~4294967295)、ワード(サブルーチン)名が3文字になりました。
また、Ver1.3同梱のサンプルプログラム(label.vts)の階乗計算の誤りを、今回訂正しました。
vts14.zip

■来歴
18/01/02 新規作成、Ver1.0とする
18/01/13 演算スタックのサイズを3段から6段に変更し、Ver1.1とする
18/06/23 文字コードによる1文字出力命令を追加、10進数出力命令を変更し、Ver1.2とする
18/09/17 ワード(サブルーチン)機能、ディクショナリ機能を追加し、Ver1.3とする
18/09/23 数値を16ビットから32ビットに変更、ワード2文字から3文字に変更し、Ver1.4とする

このソフトウェアに関するご意見・ご質問等をお待ちしています。
to@takami.com  (アドレスは半角で入力ください)

[タカミコムボードのトッ プページへ移動]